ご利用案内

早わかりチャート

2015年4月より改正介護保険制度が段階的にスタートし、2015年8月より介護保険サービスを利用したときの自己負担割合が
それまでの一律1割負担から、一定の所得以上の人は2割負担へと変更がなされました。
以下のチャートに「はい」か「いいえ」でお答えいただくことで、ご自身が1割負担と2割負担のどちらのケースに当てはまるのか、
簡易的にお調べいただけます。合計所得が160万円未満の方は1割負担ですので、それ以外の方が対象となります。

あなたの世帯の65歳以上の方、全員の収入は、年金だけですか?? ※

あなたの「年金収入+その他の合計所得」は年間280万円未満ですか? ※

あなたの「年金収入+その他の合計所得」は年間280万円未満ですか? ※

あなたの年金収入は、年間280万未満ですか?? ※

【計算方法・参考】
○○万円(年金2カ月分)×6=年金金額
または
○○万円(年金1カ月分)×12=年金金額

あなたの世帯の65歳以上の方全員合計の「年金収入+その他の合計所得」は346万円未満ですか? ※

あなたの「年金収入+その他の合計所得」は年間280万円未満ですか? ※

1割 自己負担

2割 自己負担

※このチャートにおける「年金収入」の「年金」とは、国民年金、厚生年金、共済年金、障害年金などの公的年金、および公的年金控除の対象となる企業(団体)年金のことをいい、「収入」とは、各所得に応じて適用する「所得控除」を差し引く前の額をいいます(差し引いた後の額が「所得」の額です)。民間の個人年金を含むその他の収入は、「所得控除」を差し引き、「その他の合計所得」として扱います。

【ご注意ください】

このチャートは介護保険の自己負担割合を簡易的に予想するためのものであり、実際の負担割合を保証するものではありません。実際に適用される負担割合は、介護認定の際に市町村から届く「介護保険負担割合証」をご参照ください(すでに介護認定を受けられている方の「介護保険負担割合証」は、前年度の所得を元に判定した結果が、毎年7 月頃に届きます)。

ページトップへ